幹事必見!「社員懇親会」を劇的に盛り上げる事前手配&当日進行のコツ

社内コミュニケーションの活性化は、チームワークやモチベーションの向上につながり、業務にもプラスの効果をもたらすことが多いものです。 その方法のひとつが「職場懇親会」でしょう。 「飲みニケーション」が効果的に働く業界とそうでない業界はあるものの、定期的な懇親会の開催は 新しいメンバーや他部署との親睦を

女性管理職になるのは怖くない!必要なスキルとマネジメントの鉄則

女性にとって、管理職への昇進は必ずしも嬉しいことばかりではないでしょう。 男性の場合は、管理職への昇進が決まると 自分の頑張りが認められた 会社から期待されている と喜ぶ場合が多いと思いますが、女性の場合はどうでしょうか。 やる気に満ちている方もいれば、 自分に務まるだろうか? 結婚や子育てと両立で

従業員満足度とは?明日から実践できる5つの考え方と企業事例を解説

少子化と高齢化の同時進行に伴う「労働力人口の減少」は今や深刻な問題です。 経営層にとって重要なことは、限りある市場からいかに優秀な人材を獲得し、入社後のパフォーマンス(=生産性)を高めてもらうことにあります。 その鍵を握るのが「従業員満足度(Employee Satisfaction)」と言っても良

中小企業の約7割が人手不足を実感、企業担当が今から取るべき対策とは

人があふれていた時代が終わり、少子化が進む現代では人材不足が問題となっています。 そして、今後は人口が減少するだけでなく、現役世代である生産年齢人口の割合が減っていくと推計されています。 ※出典元:中小企業庁公式ホームページ|2018年度版「中小企業白書」年齢別人口推計の推移 特に中小企業においては

従業員の心を掴むユニークな福利厚生制度20選|福利厚生管理士が企業好事例を徹底解説

働き方改革や少子高齢化が進む中、多くの企業にとって安定的な「人材を確保すること」は決して無視できない問題です。 自社がより社会に認知され、求職者や従業員に喜ばれるためには、「こんな会社で働いてみたい」と思われるようなインパクトのある福利厚生制度が不可欠になってくるでしょう。 そこで今回は、アピールポ

「同一労働同一賃金」の本質とは何か?

昨年8月の「働き方改革推進会議」の立ち上げとともに、これまでは他の経済政策の陰に隠れがちだった「働き方」や「雇用」を取り巻く議論が急速に慌ただしくなってきました。 特段、長時間労働や過労死・過労自殺については、昨年末に労災認定された悲惨な過労自殺事件の報道後、メディアでは毎日のように取り沙汰されてい

将来が不安で仕事が手につかない人が今行うべきたった2つのこと

ストレス社会に生きる現代人の中には、日々の生活のストレスのみならず、将来への漠然とした不安と戦っている方も多いのではないでしょうか。 終身雇用が崩れ、市場の競争が激化する中で、企業に勤める会社員が定年まで勤めて退職金をもらうという構図が当たり前ではなくなりました。 年金制度の変革や少子化による影響で

社員持ち株制度は導入すべき?上場企業の9割以上が導入している理由

社員持ち株制度とは、従業員に会社やその親会社などの自社株を保有してもらう制度です。一般的には、従業員が「持株会」という機関を設立してその運営を行います。会員になった従業員が給与天引きで自社株を購入し、拠出額に応じた配当金を得ることができます。 低金利の時代において、従業員にとって資産形成の有効な手段

データで読み解く!人手不足の本当の原因と経営者のための対抗策

労働力不足・人手不足があちこちで叫ばれるようになり久しい昨今。 日本の人口は総務省統計局の調査によれば、2008年に1億2,808万人をピークに、減少の一途をたどっています。 2060年には9,000万人を下回るとも予測されています。 人口の減少は、生産年齢人口(15~64歳)の減少に直結します。

部下・メンバーにやる気を出させる!明日から実践できる3つの行動

部下を持つマネージャーやチームリーダーは、 どうしたらメンバーがやる気を出してくれるのか 少し前まではやる気に満ち溢れていたのに、モチベーションが下がっているメンバーがいる などの「やる気」に関する悩みを持つことが多いものです。 今は「働くことにも楽しさを求める時代」と言ってもよいでしょう。 やる気

先頭へ戻る