中小企業こそ取り組むべき!健康経営の本当のメリットと実践方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

経済産業省と東京証券取引所が共同で「健康経営銘柄」を公表するなど、近年では「健康経営」という言葉がクローズアップされています。

しかしこの健康経営という言葉を

「従業員を健康にすることが目的なので、直近の課題ではない」

と、誤解をされている方や、

「健康経営は大企業が取り組むもの」

と、思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

 「健康経営という言葉を知らない」という方もいまだ多いようです。

経済産業省が平成29年に中小企業に対して実施した調査では、「健康経営という言葉も意味も知っている」という回答は、15%にとどまっています。

 <中小企業における健康経営に関する認知度調査:経済産業省資料より抜粋>

健康経営が注目されはじめた社会的背景として

  • 少子高齢化による労働力不足
  • 医療費などの健康関連コスト問題
  • 過労死などによる企業イメージ低下リスク

などがあげられます。

がむしゃらに働く時代が終わり、労働者は自身の健康に高い関心を持っています。

中小企業ではすでに人材不足に陥っていることも多く、長時間労働や休日出勤などによる健康被害も深刻です。欠員時の備えが難しく、1人の欠勤や退職が大きな損失となってしまうケースもあるでしょう。

健康経営への取り組みを見える形で示せば、リスクを回避するだけではなく、人材確保や企業のイメージアップにつながります。

健康経営は中小企業にとって、すぐに取り組むべき課題なのです。

そして健康経営の本質的な目的は、従業員の健康促進をすることにより生産性を高めることです。

 この記事では健康経営のメリットと実践方法に加え、健康経営を実践している中小企業のケーススタディーについてご紹介します。

 【無料アンケート】従業員の健康に対する意識理解してますか? 

効果的な健康経営を実施するためには、現状を把握したうえで、自社に適した取組みを検討することが重要です。ただ、なにから実施すればいいのかわからない方が多いのではないでしょうか?自社の現状把握はアンケートを活用しましょう。

・健康に対して持っている意識

・健康に対しておこなっている取組みはなにか

こういった従業員の現状を知ることで、自社に適した効果的な取組みを実施することが可能です。以下より無料でダウンロードできますのでぜひご活用ください。

 

健康経営の本当のメリット

相乗効果による大きなリターン

健康経営のメリットは「労働生産性の向上」「従業員の創造性の向上」「人材確保」「企業イメージの向上」などさまざまですが、これらは結果的に「収益の増加・事業の継続」という効果をもたらします。

そして、これらのメリットは相乗効果を生むため、大きなリターンを期待できるという特徴があります。

プレゼンティーズムの減少で健康コストを削減

健康経営の本質的な目的は、生産性の向上です。生産性の向上には従業員の心身の健康が不可欠なのです。

健康投資をすることで、なぜ大きなリターンが期待できるのでしょうか?

 健康関連のコストは、医療費などの直接的な健康コストだけではありません。

アメリカの研究によると、健康コスト全体のうち、直接的な健康関連コストである医療費の割合はそれほど高くないことがわかっています。

代表的な間接コストに、アブセンティーズムとプレゼンティーイズムがあります。

病気などで欠勤している状態をアブセンティーズム、出勤していても何らかの不調でパフォーマンスが低下している状態をプレゼンティーイズムといいます。

<健康コストの全体構造(米国金融関連企業の事例):厚生労働省保険局資料より抜粋>

この資料によると、アブセンティーズムの割合はあまり高くないものの、プレゼンティーイズムは非常に大きな割合を占めていることがわかります。

健康経営により従業員のパフォーマンスが向上すれば、健康関連コストを大幅に削減できるのです。

人材確保を有利に・人材の定着

日本では少子高齢化による人材不足が深刻な社会問題となっています。健康経営により従業員を大切にする企業として認識されることで、人材の定着や人材確保にもつながります。

人材が確保できると、休暇制度の充実や長時間労働の是正に取り組む余裕がうまれ、さらなる生産性の向上が期待できます。

投資家からの評価アップ

健康経営は慈善事業ではなく、企業の収益の増加や事業の継続への投資です。ですから健康経営に積極的な企業は、その価値を向上させることに戦略的に取り組んでいると評価されます。

健康経営によって企業のイメージが向上し、投資家からの評価アップも期待できるのです。 

健康経営銘柄選定企業や、健康経営度調査の評価結果が高い(上位20%)企業の株価は、東証株価指数(TOPIX)を上回る傾向があることもわかっています。

 <株価の推移:厚生労働省保険局資料より抜粋>

健康経営と利益率

健康経営が企業にもたらす利益について、経済産業研究所の研究プロジェクトが検証したデータがあります。

メンタルヘルスの不調が企業の利益率に与える影響についての調査では、「メンタルヘルス休職者率の上昇した企業では、その他の企業に比べて売り上げ利益率の落ち込みが大きい」ということがわかっています。

<メンタルヘルス休職者比率と利益率との関係:経済産業省資料より抜粋>

健康経営の実践方法

次に、健康経営を実践するための4つステップをみていきましょう。

  1. 健康宣言の実施

健康宣言とは、経営トップが従業員やその家族の健康を経営課題として認識し組織として対策に取り組むことを明文化して意思表示することです。

加入している保険者等の「健康宣言」事業に参加しましょう

  1. 環境の整備

担当者の設置、プロジェクトチームの発足や研修参加などを行います。

  1. 具体的な対策の実施

定期健康診断率や受動喫煙など、それぞれの企業の健康課題を見つけ、改善目標を設置、施策や制度を実行・設立します。

  1. 取り組みの評価

施策が正しく実行されたか、その効果について確認し、結果にもとづいて改善を行います。 

<健康経営のステップ:経済産業省資料より抜粋>

健康経営の取り組みのステップについては下記の記事で詳しくご紹介しています。

5分でわかる健康経営!取り組みのステップと企業事例を完全解説

政府の健康経営企業 認定制度

経済産業省では3つの認定制度により、優良な健康経営に取り組む企業を「見える化」しています。 

  • 健康経営銘柄

東京証券取引所の上場企業の中から健康経営に優れた企業を選定し、公表

  • 健康経営優良法人

健康経営に取り組んでいる優良な法人を認定(中小規模法人)

  • 健康経営優良法人ホワイト500

健康経営に取り組んでいる優良な法人を認定(大規模法人)

また、経済産業省は、健康経営優良法人2020から、健康経営の質の向上及び普及促進の観点から、一部制度の変更が公表されました。

1、健康経営優良法人(大規模法人部門)の通称について:これまで健康経営優良法人(大規模法人部門)全体を通称「ホワイト500」としていたが、健康経営優良法人(大規模法人部門)認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人のみを通称「ホワイト500」として認定する。

2、健康経営優良法人(大規模法人部門)の50%ルールの廃止:健康経営優良法人2019(大規模法人部門)の認定においては、健康経営度調査の結果が回答法人全体の上位50%以内であることが要件に入っていたが、その制限を廃止する。ただし、詳細な基準については夏にかけて見直しを行う。

<健康経営にかかわる顕彰制度の対象法人:経済産業省資料より抜粋> 

厚生労働省が認定しているホワイトマーク(安全衛生優良企業)については次の記事で詳しく解説しています。

ホワイト企業として認定されるには?3つの重要なポイント

健康経営優良法人ケーススタディー

ここでは、経済産業省「健康経営優良法人 取り組み事例集」の中から、健康施策を自社の経営に取り入れた中小規模法人部門の3つのケーススタディーをご紹介します。

競争入札参加資格の評価項目で加点されるメリットも

https://www.oikawa-s.com/より

会社名:及川産業株式会社
従業員数:34名
所在地:北海道岩見沢市
公式サイト:https://www.oikawa-s.com/

なぜ健康経営に取り組んだのか

北海道で建設業を営む及川産業株式会社。土木工事や除雪業務など、体を動かす業務が多いため、従来から社長自身が従業員の健康管理を重視していました。

健康経営優良法人に認定されることで、岩見沢市役所の競争入札参加資格の評価項目で加点されることが健康経営に取り組む大きなきっかけになりました。 

主な取り組み

  • 安全大会を毎月実施
  • 安全大会には協力会社の従業員にもできるだけ出席してもらっているが、外国籍の方もいるので、日本語以外の資料も用意している
  • 除雪の終わった4月から7月の閑散期に健康診断受診期間を設定
  • 季節労働者にも受診を促している
  • 定期健診の受診率をあげるために、再検査が必要な従業員へのフォローを行っている
  • 44休から46休へ。休みを増やすだけでなく賃金を10%ベースアップすることで休暇取得を推進 

健康経営による効果 

  • 岩見沢市が健康経営に力を入れていることもあり、競争入札参加資格の評価項目で加点されたり、市内の高校へ配布される就活用パンフレットで取り上げられたりというメリットがあった
  • 岩見沢市の事業へ入札することもあるため、競争入札参加資格の評価項目の加点は本業の業績に影響
  • 実際にパンフレットを見て応募してきた生徒もいる

健康経営のPDCAが回る体制を確立

https://emi-office.com/より

会社名:笑み社会保険労務士法人
従業員数:8名
所在地:静岡県浜松市
公式サイト:https://emi-office.com/

なぜ健康経営に取り組んだのか

 笑み社会保険労務士法人は、中小企業の労務サポートを行う社会保険労務士法人です。健康経営について顧客から質問を受けた際に、まずは自分たちで取り組もうと考えました。

 主な取り組み

  • 業務改革ツールを導入。業務の見える化により、誰がどんな業務を行う予定かを所内の誰でもどこからでも確認できるようにした
  • 働き方委員会を設置し、委員会メンバーが自ら働き方の提案を行っている
  • 所員のコミュニケーション促進のため、全額会社負担のイベントを企画
  • 代表と所員が業務外のことも話せる時間を月に一度設定
  • 所員同士の立場の違いから生まれる不公平感をなくすため、代表が所員に違いを受け入れるように発信(休暇の使い方など)

健康経営による効果

  • 健康経営優良法人認定を受けるために試行錯誤したことで、健康経営のPDCAが回る体制を確立できたことは、認定を受けたことよりも価値があったと感じている
  • 求人の際に健康についての考え方が伝わりやすくなった

地元の学生が就職を希望するきっかけに 

http://tokyodo-hp.com/より

会社名:株式会社東京堂
従業員数:46
所在地:青森県むつ市
公式サイト:http://tokyodo-hp.com/

なぜ健康経営に取り組んだのか

雑貨や文具の販売、音楽事業など幅広い事業展開をしている株式会社東京堂。

従業員のがん罹患をきっかけに、予防検診などの健康管理に取り組んでいます。 

主な取り組み 

  • 従業員が働きやすいように、100通り以上のシフトを制定。午後からの出勤や、子育てや介護などに合わせたシフトで従業員それぞれが働きやすい環境に
  • 有給休暇を1時間単位で取得可能に。有給休暇の取得推進、休暇の使い道が広がった
  • 男性従業員の育児・介護休暇取得への取り組み。子や孫のための休暇の制定
  • ボート大会や植樹イベントへの参加による社内コミュニケーション促進
  • 社内にエアロバイクやランニングマシーンを設置
  • 大腸がん検診を会社負担で全員受診
  • 任意検診の際や再検査時は検診休暇の利用で出勤扱いに
  • 禁煙バトン(禁煙宣言した人が禁煙を成功させたら次の人へバトンを渡す)を行っている

健康経営による効果 

  • 運動機器や健康に配慮したオフィス用品の販売促進につながった
  • 地元出身の学生が就職を希望してくれた

中小企業の取り組み例をみると、大企業のような大掛かりな施策をしなくても結果がでていることがわかりますね。その企業にあった施策を行うことが肝心なのです。

パーソナルトレーニングジムRIZAPの健康経営については下記の記事でご紹介しています。

健康経営セミナー|99%が生活習慣を改善したRIZAPの健康経営

健康経営を重要な経営戦略の一つに

健康経営に取り組む企業が増えることで、労働者の生活の質が向上し、大きな社会的効果をうみます。 

しかし、企業にとっての健康経営のゴールは従業員の健康を守ることではありません。

健康経営は企業が成長し、事業を継続させるための手段なのです。

企業が従業員の健康に配慮することで、「生産性の向上」「企業のイメージアップ」「コストの削減」など、経営面で大きなリターンが期待できます。 

中小企業こそ、積極的な経営戦略として健康経営に取り組んでみてはいかがでしょうか。

<健康経営銘柄選定の基本的な考え方:厚生労働省保険局資料より抜粋>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年健康経営銘柄を取得
(株)ベネフィット・ワン監修の
従業員の健康に関する意識調査
アンケートを無料提供

健康経営に取り組もうと考え始めた企業の多くが、まずはじめに抱える悩みとして、 「何から取り組めば良いのか?」という問題があるかと思います。

2018年2月、弊社ベネフィット・ワンは、健康経営銘柄を取得しました。

取り組みを始めた当時、自社の従業員が何に対して問題を抱えているのかが分らず、 まずは自社の健康課題を把握することからはじめました。

アンケートを活用することで、現状の問題を正しく認識でき、最短経路で課題解決をすることができます。

当メディア、BOWGLのコンセプトでもある、少しでも多くの企業と従業員の幸せな関係作りをお手伝いさせていただきたく、 今回、弊社で活用した従業員の健康に関する意識調査アンケートを無料でご提供させていただきます。 ぜひご活用ください。


詳細を確認する

TOPへ 人気の記事
シェア