健康経営のサービス5選|目的別に自社に合うサービスを選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

健康経営への取り組みを始めたいと考える企業が増えていますが、以下のような課題を感じている企業は少なくありません。

・担当者がいないため、健康経営について検討する時間がとれていない
・自社に必要な取り組み内容がわからない
・健康経営の取り組みに対する効果をどう定量化するか

健康経営を推進するための体制づくりやKPI、施策の評価について、悩みを抱える企業が多いのです。

こうした課題を解決するには、自社に合った健康経営に関するサービスを活用するといいでしょう。

多くの健康経営に関するサービスの中で、自社に合うサービスをどう選ぶべきか考えていきましょう。

【注目】自社にとって本当に必要な福利厚生制度は?

もしもこの記事をご覧いただいている方の中で、自社の福利厚生制度についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずはじめに「企業担当者必見!「福利厚生サービス」のおすすめ5選を解説」の記事をお読みください。

健康経営とは?

健康経営とは、従業員の健康を経営的視点で考え、戦略的に取り組む経営手法のことです。

健康経営が注目されている背景には、以下のような課題があります。

・労働力の確保が困難

少子・高齢化が進み、日本の労働人口はどんどん減少しています。

そのため、人材不足の課題を抱える企業は多く、既存の社員のパフォーマンス向上や定着率アップを実現したい企業が増えています。

・企業が負担する医療費の増加

従業員がメンタルや身体の健康を損ない、休職するような事態になると、企業の負担する医療費、疾病手当の増加など、企業には大きな負担がかかります。

これらの課題は、健康経営を推進して、従業員の健康レベルが向上することで改善できるため、健康経営に対する注目も高まっているのです。

そして、企業の健康経営を評価するための制度も生まれています。

健康経営銘柄・健康経営優良法人について

経済産業省と東京証券取引所は、健康経営を推進するために「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人制度」などをつくりました。

・健康経営銘柄

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業

・健康経営優良法人

地域の健康課題に合った取組み、日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

大規模法人部門は「ホワイト500」とよばれ、中小規模法人部門はそのまま「健康経営優良法人」と呼ばれています。

こうした指標を取得すると、金融機関からの融資に有利になる、人材採用の競争力が上がるなどのメリットがあるため、その必要性を認識している企業が増えています。

種類別|健康経営を実現するためのサービス5選

健康経営のサービスを検討する前に重要なことは、自社課題をきちんと把握することです。

優先的に取り組むべき自社課題を明確にしておかないと、せっかくサービスを導入しても、時間やコストが無駄になってしまいます。

そのため、自社の従業員がどのくらい健康に対する意識をもっているかを調査してみましょう。 

次に、健康経営サービスの例を目的別に紹介します。

健康経営を実現するためのサービスを、以下の4つに分けて紹介します。

自社の課題を可視化するサービス
・健康経営銘柄取得のためのコンサルティングサービス
・ツールを活用した継続サービス
・単発のセミナーや講演をするサービス

自社の課題を可視化するサービス

自社の課題をまずはきちんと把握するために活用したいサービスを紹介します。

健康経営支援サービス(アドバンテッジ リスク マネジメント)

株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント公式サイトより

株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントが提供する「健康経営支援サービス」。

その特徴は、コンサルタントが伴走し、現状の整理やデータの分析、施策の見直し支援を行うことで、効果のある健康経営の推進を支援してくれることです。

以下のような結果指標と、健康診断結果やストレスチェックのデータから、自社に合う施策を検討することができます。

・エンゲージメント

仕事への熱意度を測る指標

・プレゼンティーズム

健康被害による生産性の低下を測る指標

具体的には、以下のような流れで支援を進みます。

1.推進体系・プロセス評価支援

健康経営度調査で求められている項目と現状を照らし合わせ、不足内容を明らかにします。

2.健康課題の整理

ヒアリング内容と実施施策から貴社の健康課題の設定を支援します。

3.データ分析支援

さまざまな観点でデータを分析し、健康課題を明確化します。

4.健康経営の施策見直し支援

分析結果に基づき施策の優先順位を評価・再構築するとともに、KPIの再設定を支援します。

健康経営銘柄取得のためのコンサルティングサービス

健康経営銘柄を目指す場合は、取得に特化したサービスを選びましょう。

健康経営推進支援コンサルティング(日立コンサルティング)

株式会社日立コンサルティング公式サイトより

株式会社 日立コンサルティングが提供する「健康経営推進支援コンサルティング」は、「健康経営銘柄」「健康経営優良法人」取得に必要な指標の達成を目的としたサービスです。

以下のように、現在の取り組みを評価し、PDCAのサイクルを確立します。

1.現状の活動評価

現状の取り組みと施策を確認し、健康経営銘柄取得に必要な指標とのギャップを分析します。

2.アクションアイテムの整理

活動評価で分析したギャップを基に、対応方針について議論。

対応方針をベースに、具体的な取り組みを考えます。

3.計画策定

各取り組みについてのスケジューリング、実施体制を議論します。

健康経営推進支援サービス(SOMPOヘルスサポート)

SOMPOヘルスサポート株式会社公式サイトより

SOMPOヘルスサポート株式会社が提供する「健康経営推進支援サービス」は、健康経営優良法人の取得を目指す企業におすすめです。

健康経営に関連する取組み状況を確認した上で、基盤づくりや健康課題の可視化、ソリューション提供を受けることができます。

具体的には、以下のような流れで進みます。

1.健康経営度調査(現状把握)

コンサルタントが、経済産業省・東京証券取引所の「健康経営度調査」を使用しながら、健康経営ガイドブックに準拠した助言・銘柄選定企業等の事例を紹介します。

2.基盤づくり支援

健康経営度調査において、回答できなかった項目とチェックしなかった項目を中心にヒアリング。その結果をもとに課題への対応を提案します。

健康経営に対する経営視点での位置づけを明確化し、組織体制の整備や健康増進の施策立案を支援します。

3.健康課題の可視化

データ分析によって課題を可視化し、PDCAの実現のために必要なKPIや目標値の作成等に役立てます。

4.ソリューション提供

課題に対応して、以下のようなソリューションを選びます。

・メンタルヘルス産業保健体制構築支援、研修企画・運営・実施

・生活習慣病予防支援(特定保健指導、疾病重症化予防、糖尿病性腎症重症化予防、医療機関への受診勧奨、個人別情報提供冊子等)

ツールを活用した継続サービス

まずは、従業員の健康への意識を高めたいという企業におすすめするのは、ツールを活用した継続サービスです。

健康経営支援(ベネフィット・ワン)

ベネフィットワン公式サイトより

株式会社ベネフィット・ワンが提供する「健康経営支援」の特徴は、すべての施策をワンストップで受けられることです。

以下のようなサービスから、自社の課題に合わせて選ぶことができます。

・健診代行
・特定保健指導
・健康ポイント
・ストレスチェック

たとえば、特定保健指導では、特定健診の結果生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、生活習慣を見直すサポートを実施しています。

1.対象者選定

健康診断結果から、「積極的支援対象者」「動機付け支援対象者」「情報提供のみ」対象者を選定。

2.面談日程の調整

担当者様と日程調整をします。

面談会場等の予約が必要な場合はお手伝いいたします。

3.初回支援、継続支援

「積極的支援対象者」と「動機付け支援対象者」に対し、ご予算やご要望に基づき効果的な支援プランを提供します。

4.終了後成果確認、プログラム評価

的確に成果を把握するための指標で効果確認をおこないます。

・アウトプット評価

特定健診、保健指導の実施率に関わる量的評価

・アウトカム評価

検査結果の変化など数値の評価

・プロセス評価

実施方法や内容の評価

FiNC for BUSINESS(FiNC Technologies)

株式会社 FiNC Technologies公式サイトより

株式会社 FiNC Technologiesが提供する「FiNC for BUSINESS

FiNC for BUSINESSは、メンタル、会社への貢献意欲を測るエンゲージメント、フィジカルなどの観点で課題を可視化します。

テクノロジーを駆使したサービスを受けられることが特徴です。

具体的には、以下のような流れで進みます。

  1. 計測

組織と個人の状態を可視化して、管理します。

フィジカル・メンタル・エンゲージメントを数値化して、相関関係を把握します。

ストレスチェックも包括しているので、法令順守の対応も可能です。

  1. 分析・報告

重点課題を明確化し、具体的な成果目標を立案します。

部門や性別、年代など区分別分析により、具体的な目標を立てることも可能です。

  1. 行動

健康経営に対する具体的なソリューションを提供します。

セミナーや講演を実施

健康経営に取り組みたいけど、なにから始めたらいいかわからないという担当者の方におすすめの方法です。

RIZAP健康セミナー(Benefitone)

RIZAP公式サイトより

RIZAP健康セミナーは、株式会社ベネフィット・ワンが提供しています。

このセミナーは、RIZAP独自のダイエットの秘訣や健康的な食生活、正しい運動などを従業員に教えるものです。

セミナーを受講することで、従業員は健康に関する知識やノウハウを身につけることができ、その結果、業務中の集中力アップなども期待できます。

費用は1回15万円~と比較的安価なので、健康経営の第一歩として検討してみてもいいでしょう。

最後に

健康経営に関するサービスをご紹介してきました。

健康経営を実現するために、自社の状況を把握し、現状に合ったサービスを取り入れて、一歩一歩前進していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年健康経営銘柄を取得
(株)ベネフィット・ワン監修の
従業員の健康に関する意識調査
アンケートを無料提供

健康経営に取り組もうと考え始めた企業の多くが、まずはじめに抱える悩みとして、 「何から取り組めば良いのか?」という問題があるかと思います。

2019年2月、弊社ベネフィット・ワンは、健康経営銘柄を取得しました。

取り組みを始めた当時、自社の従業員が何に対して問題を抱えているのかが分らず、 まずは自社の健康課題を把握することからはじめました。

アンケートを活用することで、現状の問題を正しく認識でき、最短経路で課題解決をすることができます。

当メディア、BOWGLのコンセプトでもある、少しでも多くの企業と従業員の幸せな関係作りをお手伝いさせていただきたく、 今回、弊社で活用した従業員の健康に関する意識調査アンケートを無料でご提供させていただきます。 ぜひご活用ください。


詳細を確認する

TOPへ 人気の記事
シェア